ビザ申請却下の不服申し立てについて

オランダへのビザ申請が却下された場合、不服申し立てをすることができます。

不服申し立ては異議申立書のみ

オランダ滞在用のビザ申請が却下されましたか?却下理由が明記されている公式通知(判定通知)がお手元に届きます。異議申立書により判定の不服申し立てを4週間以内に行うことができます。判定通知に不服申し立ての方法と異議申立書の送付先の住所が記載されています。

ご注意:シェンゲンの代表メンバー国を経由してオランダのビザ申請を行った場合、その国のみに不服申し立てをすることができます。

代理人による不服申し立て

ビザ申請の却下判定への不服申し立ては代理人が行うことも可能です。委任状は下記の言語の中のうちのいずれか一つで書かれたもののみ有効です。

  • オランダ語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • 英語

ビザ申請費用は返金されません

ビザの申請が却下された場合であっても、ビザ申請費用は返金されません。

ビザ申請却下への不服申し立てが成功した場合

不服申し立てが成功した場合、ビザ申請は承認され、 大使館とあらためてアポイントを取る必要となります。

再申請にあたる必要書類:
• 有効なパスポート
• 不服申し立てが成功した不服申出書(もしくはコピー)
• 該当する場合:手紙に記載されている書類。 たとえば、ホテルやフライトの予約、保険の証明など。

改めてビザ申請書を記入する必要はありません。ビザ代のお支払いする必要もありません。