短期滞在用シェンゲンビザ(90日間以下)

最大90日間オランダに滞在される予定ですか?国籍によって短期滞在用シェンゲンビザが必要となります。このビザによりオランダ及びシェンゲン協定加盟国内であれば、180日間のうち90日間は自由に移動できます。

ビザ申請手続きの手順

  1. 適切なビザを選択
    • 短期滞在用シェンゲン査証

  2. 現地での申込み
  3. ビザ取得して渡航 または 申請却下に不服申し立てをする

短期滞在ビザあるいはシェンゲンビザとは何ですか?

短期滞在ビザというのはシェンゲンビザを指します。このビザで最大(180日間のうち)90日までシェンゲン協定加盟国内に滞在できます。場合によって90日以内のビザが発行されることもあります。ビザの有効期限内であれば、26のシェンゲン協定加盟国内への自由な出入りが可能です。

180日以内にシェンゲン協定加盟国へ複数回出入国を予定している場合は申請手続きをする際に「数次ビザ」を選択してください。

ビザは必要ですか?

ビザ取得義務がある国一覧 (PDF, 87 KB)に記載されている国籍の方のみ、ビザの申請が必要です。

複数のシェンゲン協定加盟国への訪問について

複数のシェンゲン協定加盟国を訪問する場合は主目的で訪問する国の大使館・領事館で申請しなければなりません。主目的がなければ、滞在が一番長い国の大使館・領事館でご申請ください。

各シェンゲン協定加盟国での滞在期間が同じ場合は、最初に入国する加盟国の大使館・総領事館でご申請ください。

家族と一緒にヨーロッパ内を旅行する場合

欧州連合(EU)に居住している家族と一緒に国籍のある国以外のEU加盟国に旅行する場合、ビザ申請者が以下の三つの条件を満たせば、通常よりも早く、無料でビザを取得できるかもしれません。

  1. 欧州連合またはリヒテンシュタイン、ノルウェー、アイスランド市民の家族でいる場合。
  2. 家族の方が国籍のある国以外のEU加盟国に旅行もしくは滞在する場合。
  3. 家族の方に同行しているまたは訪問先で合流する場合。

上記条件を満たしていることを証明する書類をビザ申請時に提出してください。例:家族関係を証明できる結婚証明書や出生届、一緒に旅行することを証明するホテルや航空券の予約確認書等。 

ビザの申請手続き

ビザの申請方法は国によって異なります。