生存証明書に関する重要なお知らせ

オランダ政府の方針でオランダ大使館及び総領事館ではオランダ国籍者以外の認証業務ができなくなりました。

それに伴い、2017年8月1日から在京オランダ大使館での生存証明書の認証もできなくなりました。

オランダ社会保険銀行(SVB)より生存証明書求められた場合

日本国内でオランダ年金の受給を継続するためにオランダ社会保険銀行(SVB)より現況の確認書類(生存証明書:Life certificate)の提出を求められた場合は、下記の書類のいずれかをSVBから送付された生存証明書とともに最寄りの年金事務所へ提出していただくことになります。年金事務所から生存証明書と提出された書類はSVBに送付されます。

日本人:市町村が発行する戸籍謄本、戸籍抄本、住民票 (発行日から6か月以内のもの)

外国人:市町村が発行する外国人登録記載事項証明書、住民票(発行日から6か月以内のもの)

年金事務所では生存の確認はしませんので生存証明書の最後のページに年金事務所の公印や署名をすることはございませんので予めご了承ください。

オランダ年金を取扱ったことがない年金事務所もございます。その場合は日本年金機構 国際事業グループにお問い合わせいただくようご案内していただきますようお願いいたします。

電話番号:03-5344-1100 (内線3131 3132

年金事務所のウエブサイトもご覧くださいませ。

http://www.nenkin.go.jp/faq/kaigaikyoju/shaho-kyotei/netherlands/20120306-07.htmlhttp://www.nenkin.go.jp/faq/kaigaikyoju/shaho-kyotei/netherlands/20140603.html

SVB以外の年金受給の為の生存証明認証が必要な場合

通常、オランダの年金を受給している方々がオランダに滞在しない場合はその国の市役所・公証人・警察にて生存証明書もしくはサインをいただく形になっております。

そういった日本の施設でいただけない場合がありますので直接オランダの年金基金にお問い合わせください。

ご面倒をおかけいたしますがどうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。