身分証明書携行義務制度

オランダでは身分証明書携行義務制度を採用しております。つまり、自分の身分を証明するために有効な証明書を常に携帯していなければなりません(パスポート等)。

身分証明書携行義務制度とは何でしょうか?

警察やその他の役人、公共交通機関の検札官、労働基準監査官等が身分証明書の提示を要求することができます。彼らは十分に妥当な理由があるときに限りこれを要求できます。医療従事者や雇用主も身分証明の提示を求めることができます。

外国籍を持つ人のための身分証明書携行義務制度

身分証明書携行義務制度はオランダ人と外国籍をお持ちの方に適用されます。EU加盟諸国もしくはリヒテンシュタイン、ノルウェーアイスランド出身のにはパスポートもしくは身分証を提示してください。

それ以外の国の出身の場合、有効なビザもしくは滞在許可シールが貼られたパスポートが必要になることがあります。詳しくはこちらのページをご参照の上、オランダでビザもしくは滞在許可証が必要かどうかご確認ください。

身分証明書携行義務制度の詳細について

身分証明書携行義務制度の詳細についてははgovernment.nlをご覧ください。下記が詳細の一例です:

  • いつ身分証明書の提示を求められますか?
  • もし身分証明書を提示できない場合には罰金を科されますか?
  • 有効な身分証明としてはどのようなものがありますか?