日本でのオランダカリブ領域長期滞在ビザの申請手続きについて

日本にお住まいですか?オランダカリブ領域の滞在許可を取得するためにビザが必要ですか?適用される条件並びに申請方法をご確認ください。

何が必要ですか?

滞在許可の申請後にビザを申請することができます。

ビザ申請時には必ず申請者本人が同席しなければなりません。未成年の場合も同じく申請時に同席しなければなりません。

申請の際に下記の書類の原本とコピーを一部ご持参ください。大使館また領事館の係員は申請者本人の代わりにコピーすることは禁じられています。

申請申し込み用紙
全て記入済みの申し込み用紙を提出してください:

当申し込み用紙に予約の際に領事係員が同席している場で署名をしてください。

パスポート
パスポートまたはその他の渡航用書類には少なくとも余白が二ページのあるものをご使用ください。オランダカリブ領域を出国後3カ月間有効なパスポートまたはその他の旅券を提出してください。

申請手続きをする際にパスポートを提出しなければなりません。パスポートが大使館もしくは領事館にあることを証明するためには、パスポートのコピーを余分にご持参ください。押印をしたコピーを返却致します。当サービスは無料です。

未成年用の書類
18歳未満の未成年のビザを申請する場合には、お子さまの戸籍謄本と両親の身分証明書が必要です。

合法滞在証明書
申請手続きが行われる国に合法に滞在していることを証明できます。例えば、パスポート、滞在許可またはビザによって証明することができます。

顔写真
オランダが提示する要件を満した顔写真を提出してください。

移民局書のコピー
滞在許可が現地の移民局によって承認されたものであれば、保証人が受領した手紙のコピーを提出してください。

  • アルバ:アルバの仮入国許可(VTA)
  • キュラソー:出頭指令書
  • シント・マールテン:着陸許可
  • ボネール、シント・ユースタティウス、サバ:仮滞在許可(MVV-BES)

手紙に記載されている他の書類もご持参ください。

ビザ申請手続きの料金について

オランダ大使館または領事館で申請を提出する場合、申請手数料が掛かります。手数料についてはこちらをご覧ください。ビザ申請代行事務所などの外部業者を通してビザ申請をする場合、別途の付帯費用が掛かります。

申請手続きの期間について

通常は15日以内にビザの承認もしくは却下の判断が下されます。