オランダカリブ領域について

ボネール、シント・ユースタティウス、サバはカリブ海に浮かぶ島々です。これら三島によってカリブ海のオランダは構成されています。

オランダの旗

人口:約23.000人

面積:328㎢

公用語:オランダ語、英語、パピアメント語(ボーネルのみ)

通貨:アメリカ合衆国ドル

:ボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島

行政状況:オランダの特別自治体(基礎自治体)

ボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島は併せてオランダカリブ領域もしくはBES諸島と呼ばれます。

オランダカリブ領域を訪れる

オランダカリブ領域への渡航をご予定ですか?十分な渡航準備をお勧めします。観光情報についてはtourismbonaire.comstatia-tourism.comsabatourism.comをご覧ください。

オランダカリブ領域に滞在する際にカリビアンビザが必要になるかもしれません。

ガバナンス/統治

ボネール島、シント・ユースタティウス島およびサバ島はオランダ本土の一部であり、オランダ王国を構成する4か国の一つに属します。

これら島々はオランダの特別自治体です。通常の自治体とは異なり、オランダ本土の州には属しません。つまり、通常オランダ本土では各州が権限を行使する業務も、ボネール島(Bonaire)、シント・ユースタティウス島(Sint Eustatius)及びサバ島(Saba)が有する権限によって実行されます。

国家オランダ領カリブ局(National Office for the Caribbean Netherlands)がこの3島の国家の義務を担っています。

歴史

ボネール島には西暦1000年頃からカケティオ人が定住していました。1636年からオランダ西インド会社(The Dutch West India Company/WIC)が島を領有するようになりました。

シント・ユースタティウス島は1493年にクリストファー・コロンブスにより発見されました。オランダ西インド会社が1636年に領有化しました。

コロンブスが1493年にサバ島も発見したと言われていますが、実際には上陸していなかったとされています。1632年にオランダがサバ島の領有権を取得しましたが、数々の国が領有を主張したため、再びオランダの領有下に置かれたのは1816年になってからでした。

2010年に行われた国民投票により、ボネール島、シント・ユースタティス島、サバ島の三島はオランダの特別自治体として位置づけられました。