ドラッグ政策

オランダは薬物使用の低減とそれに伴う害の抑制を目指します。

オランダでドラッグを使用しても問題ないですか?

オランダ滞在中にドラッグを使用する場合はオランダの規則を遵守してください。

殆どの地方自治体ではオランダ在住の者に限り、コーヒーショップと呼ばれるカンナビス・カフェでのソフトドラッグの購入が許可されています。

防止策

オランダ政府は啓蒙活動を行ったり、ドラッグ使用のリスクに関する情報を各学校に提供しています。HIVやAIDSなどの感染症を未然に防ぐために、ドラッグ使用者に対しては清潔な注射針の使用を提唱しています。

規則

オランダの法律ではハードドラッグと大麻は区別されています。大麻を販売することは犯罪ですが、いくつもの厳格な条件を満たしたコーヒーショップの所有者は起訴されません。

こうしたアプローチは大麻貿易を犯罪者の手から遠ざけ、ドラッグ使用者が健康被害が大きいハードドラッグに接触する機会を減らすことを目的とされています。

詳細情報

government.nlでは下記を含む更なる情報をご覧いただけます:

・オランダにおける薬物中毒者対象のケアサービス
・コーヒーショップに関する政策
・ドラッグ関連犯罪を撲滅するためにオランダが行っていること