オランダ語

世界中にオランダ語話者は2300万人います。オランダ語はオランダ、ベルギー(フランドル地方)そしてスリナムで話されています。オランダ語はアルバ、クラサオ、シント・マールテンの公用語でもあります。

オランダ語連合

オランダ・ベルギー間の合意によりオランダ語連合(Dutch Language Union)が結成され、オランダ語に関する政策を連携して行っています。スリナムもその一員です。

オランダ語連合はオランダ語のスペリングを標準化しました。これによりEUにおけるオランダ語の共通言語政策を確かなものにしました。

外国語としてのオランダ語教育

EU圏内では5万人もの人がオランダ語を第二外国語として話しています。

オランダ語圏以外にも世界40カ国、220の大学でオランダ語が教えられており[LINK]、主にドイツ、アメリカ、フランスで教えられています。

国際機関におけるオランダ語

オランダ語はベネルクス連合及び欧州連合の公用語のひとつです。その理由はベルギーもオランダもこれらの多国籍機関の加盟国であるためです。

オランダ語はオランダカリブ領及び南米諸国においても公用語であり、その理由としてスリナムがこれらの国際機構の構成員であることが挙げられます。

アフリカーンス

アフリカーンスはオランダ語の姉妹言語であり、数々のケープ植民地オランダ語の方言から派生したもので、南アフリカやナミビアで話されています。

フリジア語

フリジア語はフリシア州に住む35万人の母語です。オランダ語と英語に近い言語です。