農業と食糧

オランダは国土の半分以上が農業面積です。国民総所得の10%を占め、また労働人口の10%が農業に従事しています。

農業部門は食糧に関する生産からマーケティング、そして流通まですべての経済活動から構成されています。

輸出大国

オランダはアメリカに次いで世界第二位の農産物輸出国です。花卉、チーズ、トマト、野菜そしてビールは主要な輸出品として知られています。

オランダの園芸部門は広域的な物流ネットワークがあります。オランダで収穫された野菜が、その日のうちにニューヨークの店頭に並ぶことも可能にします。

安全

オランダの食糧部門はスマートな保管・包装技術を備えており、食品の新鮮さを長く保たせることができます。

オランダでは食糧生産・人間や動物の体内にある抗菌薬耐性・食糧生産における抗生物質の使用を減らしていきたい。

オランダが持つ食糧生産に関する専門知識を発展途上国とシェアしています。これにより安全で持続可能に生産可能な食糧を自由市場にもたらします。

イノベーション

研究とイノベーションはオランダの農業及び園芸の要です。オランダの農産食品会社と知識研究センターは多分野にわたって、持続可能性や栄養学などをはじめとする、革新的な事業を進めています。