民主主義国家としてのオランダ

オランダは議会制民主主義を採用しています。オランダ国民は議会の代表を選ぶことができます。またオランダは立憲君主国でもあります。君主の地位は憲法に基づいて制定されています。

君主

君主はオランダ王国の国家元首(Head of State)です。

政府と国会(議会)

政府は君主と国務大臣によって形成されています。首相は閣僚である国務大臣との閣議を主宰します。国務大臣及び事務次官(副大臣)は国家を統治し政策を実施します。

国会は政府を監視しています。すべての18歳以上のオランダ国民は、議会選挙への投票権を有します。

オランダでは投票権の行使は強制ではありません。18歳以上のオランダ国民は誰でも選挙に立候補することができます。

政府と国会(government and parliament)に関する詳しい情報についてはgovernment.nlをご覧ください。

憲法

憲法(Constitution)にはオランダの政府組織の規則が明示されています。これはオランダ国民の基本的権利にも制定されています。

カリブ海域のオランダ王国

オランダ王国はオランダ本国、アルバ、キュラソーそしてシント・マールテンの4ヵ国で構成されています。オランダ王国とオランダ領アンティル諸島及びアルバ島との憲法上の関係は、オランダ王国憲章によって制定されています。

歴史

オランダの詳細な歴史についてはDutch Canonをご覧ください。Canonではオランダの歴史の概略が50ウィンドーと14テーマに分けて書かれています。