持続可能な国土開発

オランダはその地理的位置から持続可能な国土計画に関する知識が大変豊富です。

オランダは人口密度が高く、ヨーロッパの主要河川であるライン川、マース川、シェルト川などからできた三角州に位置しています。オランダの大部分は海抜ゼロメートルにあります。人口増加や都市化、都市基盤への圧力、気候変動の影響など、さまざまな試練と対峙してきました。そのため、革新的で且つ持続可能なアプローチで都市空間計画を進めてきました。オランダはその分野に関して豊富な経験があります。

その例をいくつかご紹介致します:

再利用

素材の再利用はますますオランダ経済の中心になってきています。原材料の廃棄を最小限に留めるようにしています。オランダは諸外国と意見交換をし、経済循環を構築していくことに長けています。

サイクリング

オランダには人口よりも多くの自転車が存在します。オランダ人はこの経済的で体に良く、そして環境に配慮した移動方法を広く利用しています。オランダ人は都市基盤に自転車道を安全に融合させるのを得意とします。

道路

オランダの道路は持続可能的で双方向的です。交通流量はその時の交通量や気象情報などに応じて、道路情報板で提供しています。

持続可能な建築

世界でも最も人口密度が高い国の一つとして、オランダは空間を有効活用する必要があります。オランダは環境配慮型の建築方法に関する知識を多く兼ね備えています。エネルギー中立的な家が増えてきています。

洪水防止

海抜の上昇やその他の気候変動による影響から国土を護ることはオランダにとって極めて重要です。そのためオランダには広範囲に渡る堤防システムや洪水防止策があります。