オランダの国旗と紋章

オランダの国旗は赤、白、青の三色旗です。紋章には弓と剣を持った獅子が描かれています。

Vlag van het koninkrijkder Nederlanden

国旗

国旗の起源は、オランダがスペインからの独立をかけた80年戦争(1568年~1648年)まで遡ります。蜂起の先頭に立ったオラニエ公の紋章の色が、オレンジ、白、青でした。オレンジ色は徐々に赤へと変化していきました。

1937年には赤、白、青の三色が正式なオランダの国旗として制定されました。オランダ王室に関する祝日には、しばしばオレンジ色のペナントと一緒に国旗が掲げられます。

Wapen van het Koninkrijk der Nederlanden

紋章

オランダ王室の紋章に描かれている金獅子は、知られている中で最も古いナッサウ家の紋章から受け継がれています。連邦共和国の紋章には弓と剣を持った獅子が描かれています。剣は権力を、弓は州を表しています。