開発協力

オランダは世界がより安全で安定するように、また貧困や不平等が少しでも減るように取り組んでいます。公平さの推進や持続的な経済成長の推進や、また国際的な対立、気候変動、資源不足などを発見を目的とした国際協力という形で行っています。

熱意

オランダの開発協力へのアプローチは、人権と人々に与えられるべき機会に特化しています。人は誰でも自分の足で立ち、思い通りの人生を歩んでいくための機会を手にすべきだと考えます。

オランダは発展途上国の政府に対し、国に安定をもたらし、その地域の人々を保護することを要求しています。

オランダ開発協力際して3つの熱意を持っています:

  • 極度の貧困を一世代で撲滅させるため
  • 世界中の最貧層の社会的弱者の人々に利益を享受できる持続可能な成長を推進するため
  • オランダの会社が外国で成功するため

オランダがしていることがもたらすもの:

この結果を得るためにオランダが得意とする専門分野に投資しています:

救援活動、貿易、投資

オランダは救援活動と貿易を結びつけます。これは最貧層の社会的弱者を含めた発展途上国の人々が享受できるような、世界的に持続可能な経済成長へと寄与します。これによりオランダのビジネスにもチャンスをもたらします。

オランダの活動は下記に焦点を当てています:

  • 世界市場への更なるアクセス
  • 低所得及び低中所得国における民間企業の強化
  • 貿易及び投資の促進
  • 公正な課税
  • 製品と市場のサプライチェーンをさらに持続可能に