クリエイティブ産業、芸術、文化

建築、ファッション、ゲーム、デザイン、メディア、エンターテイメントなど、数多くのオランダのクリエイティブ産業が世界ランキング10位以内に入っています。

クリエイティブ産業

オランダ人は常に実用主義的であり、スマートソリューションや発明、科学的発見などでよく知られています。LED証明やWifiなどは数ある例のうちの二つです。

オランダのEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)、芸術、デザイン、ファッション、そして建築の人気は、クリエイティブ産業の評価に多大なる貢献をしました。オランダはThe VoiceやBig Brotherなどのリアリティ番組フォーマットの輸出量が世界第二位です。

芸術と文化

オランダの舞台芸術家は世界でとても人気があります。また、オランダは世界中のアーティストたちにとっても人気の場所です。オランダの観衆は新しいものを求め、オランダにはそれに適した場所と言えます。

デザイン、建築、視覚芸術、E-culture

ダッチデザインは国際的に広く知られており、オランダ建築は世界的に有名です。

オランダはレンブラントやヴァン・ゴッホ、モンドリアンやCoBrA(芸術運動)アーティストなどの画家を輩出した国として長く知られています。今日ではメディアと活動の範囲が広がっています。

ダンスと音楽

オランダのダンスカンパニーは世界的に優れた評価を受けており、NDT(ネザーランド・ダンス・シアター)など大きく構えたものから小さな一座まであります。ロイヤル・コンセルトヘボウ・オーケストラも国際的な名声を築きあげました。

しかしながら、オランダの音楽家たちはほかのジャンルの音楽のニッチに入ります。

文学と演劇

数多くのオランダ人作家が国際的に知られています。というのも、彼らの著書があらゆる外国語に翻訳されているからです。オランダ文学基金のホームページ(Dutch Foundation for Literature)でもオランダ人作家や翻訳された著書についての情報をご覧いただけます。

オランダの劇団はオランダ国外でも公演を行っています。

映画とファッション

オランダの映画産業は小規模でありますが盛んです。オランダのドキュメンタリーはとりわけ国際映画祭などで上映されています。

オランダ人デザイナーがファッション界に足跡を残してきました。