悟真寺オランダ・ロシア人墓地修復工事完成記念合同式典 Joint commemoration by NL and RF embassy on the occasion of the completion of the restoration works at the cemeteries of Goshinji

*English follows Japanese

悟真寺オランダ・ロシア人墓地修復工事完成記念合同式典

主催 ロシア連邦大使館・オランダ王国大使館

日時 2019年4月18日(木) 11:00~12:30

場所 稲佐悟真寺本堂 ロシア人墓地 オランダ人墓地
 

アルト・ヤコビ 駐日オランダ王国特命全権大使 挨拶文
 

ご出席の皆さま、本日は悟真寺にお集まりいただき誠にありがとうございます。


オランダ人墓地に残された墓跡は、オランダ人が長きに渡り長崎に滞在していたことを示す有形の証しとなっています。このオランダ人墓地は、1654年に悟真寺に築かれました。


ロシアとオランダの国際関係の起源も17世紀まで遡ります。2013年にはロシアとオランダの交流400周年を祝したばかりです。1613年、ミハイル帝はオランダの政治の中心であるデン・ハーグに使節団を派遣しました。17世紀終わりの1697年には、ピョートル大帝がオランダ滞在中に多くの革新的技術を学び、これらをロシアに持ち帰っています。また19世紀には、後にオランダ国王となるウィレム2世がロシア皇帝の娘であるアンナ・パヴロヴナと結ばれ、彼女がオランダ女王となりました。

ロシアとオランダおよび日本とオランダの歴史は、ここ長崎の悟真寺にて交差します。この墓地には、ロシア人とオランダ人が150年以上に渡り、隣り合って葬られています。同じ敷地を分かち合うということは、 周囲の環境や問題を共有し、互いに助け合うということです。私たちはここ長崎で、私たちの墓地を隔てる古い塀を最良の方法で修復・復元するためには、相互協力が必要であることを学んだのです。

共同で行われたこの修復工事は、国同士が共有する文化遺産が相互理解や協力のための出発点となりうることを示す良い例です。塀の修復工事により、互いを隔てていた壁を取り払い、誠心誠意をもって協働することができました。私たちは相互理解のもとに3年間に渡り協力し合い、この仕事に取り組みました。

私たちがこのように協力できたのは、木津住職と奥様、長崎日蘭協会、長崎県庁および長崎市役所をはじめとする長崎の多くの人々にご支援いただいたお陰です。深く感謝いたします。またオランダ側の施行を担当した

チーム・南里を率いてくださった田上様には殊更にお礼申し上げます。

最後に、長崎のこの特異な場所を何年も末長く維持できるよう、これからも協力関係が続くことを願っています。


ご静聴ありがとうございました。

 

Thursday 18 April 11:00-12:30, Goshinji Temple, Nagasaki

Joint commemoration by the embassy of the Kingdom of the Netherlands and the embassy of the Russian Federation on the occasion of the completion of the restoration works at the Russian and Dutch cemeteries of Goshinji

Speech by ambassador Aart Jacobi:

Ladies and gentlemen, thank you for gathering here today at Goshinji.

The gravestones at the Dutch cemetery are a tangible reminder of the long presence of the Dutch in Nagasaki. The Dutch cemetery was established at Goshinji in 1654.

Our relations with Russia also date from the 17th century. In 2013 we celebrated 400 years relations between Russia and Holland. In 1613 Tsar Michael sent envoys to The Hague, the center of the government of Holland. At the end of the 17th century, in 1697, Tsar Peter visited The Netherlands and learned many innovative techniques which he introduced in Russia. In the 19th century the later King William II married Anna Paulona, family of the Tsar and she became Queen of The Netherlands.

The two storylines of Russia-Netherlands and Japan-Netherlands come together here, in Nagasaki, at Goshinji. On this cemetery, Russia and the Netherlands have been neighbors for over 150 years. As neighbors we rely on each other, we share the same environment and problems. Here, in Nagasaki we understood that we had to work together to come to the best possible results for the restauration and reconstruction of the old wall between our cemeteries.

The joint construction works are a good example that shared cultural heritage can be a starting point for understanding and cooperation. By building walls we demolished walls and cooperated in a cordial way. We walked together for three years and operated together in mutual understanding.

Our joint effort would not have been possible without the help of many people in Nagasaki: Abbot Kizu and his wife, the Japan-Netherlands Society of Nagasaki and the Nagasaki Prefectural and Municipal government. Thank you. Also, a special word of thanks to Mr. Tanoue, leader of the Team Nanri - the team of experts that implemented the works on the Dutch side: thank you for your great effort.

In closing, I hope that we can continue our cooperation in the years to come to ensure a sustainable upkeep of this very special spot in Nagasaki.

Thank you